美杉板金 自動車の板金・塗装・カスタム・レストアの事なら三重県津市の美杉鈑金




美杉鈑金 HOME > 会社概要・設備のご案内

会社概要・設備のご案内

会社案内

副代表

副代表 樋口 潤

美杉鈑金からのご挨拶

従業員一同、お客様に喜んでいただけるように精一杯頑張っております。

大切なお車に傷が付いてしまい落ち込んだ気持ちを、少しでも和らげる事ができるように、少しでもお車が綺麗に直るように、お客様のご負担が少しでも少なく済むように、という想いでお車の修理に取り組ませて頂いております。

そして、お客様が元気を取り戻したお車を安心してお乗り頂けるように。


お客様の立場に立って最善の修理方法を考えるのが、私達の一番初めのお仕事です。


社 名
美杉鈑金 (設立:昭和60年)
所 在 地
本社:〒515-3533 三重県津市美杉町石名原3556
連 絡 先
TEL:059-274-1009
FAX:059-274-1190
TEL:0120-166-366
e-mail:info@misugibankin.com
U R L
http://misugibankin.com/
代 表 者
樋口 康雄
営業時間
9時 ~ 20時
定休日
不定休
地 図


工場・設備のご案内

板金塗装・国の認定工場国も認める認定工場

美杉鈑金は、国が許可した認定工場となっております。

認定工場とは、お車のエンジン・ブレーキ等を整備・修理するために分解する事を国に認められた工場の事です。

当社では、国の厳格な基準を満たす「工場の設備・技術者・環境への配慮」を全てクリアしており、国の認め保障した一定の基準値以上の整備・修理を提供することができます。

大切な命を預かる車を整備・修理するのですから、国の認める高い基準は当然の事ですが… 未だに違法を承知で作業されている工場が沢山あるのも現状です。

国に認められた工場でなければ分解修理ができませんので、ご注意ください!


塗装ブース

塗装ブース塗装はとても神経を使う作業です。空気中には見えないホコリが多く浮遊しています。

美杉板金では上下圧送式塗装ブースにより、異物の混入を極力抑えたハイクオリティな塗装が可能です。

大気中のほこりを完全にシャットアウトするフィルター付専用塗装ブースで、四季を問わずブース内を最適な気温に調節し、安定した塗装が施せます。また、環境にもやさしい仕様になっています。



塗料

当社では、日本ペイントを使用しています。

トヨタ・ホンダ・日産など大手の全ての自動車メーカーに納入している信頼ある塗料メーカーです。

また、マジョーラ等の特殊塗料も取り扱っております。



フロアー式フレーム修正機

フレーム修正機とは、事故等でゆがんでしまった自動車のフレームをもとの位置に修正する際に使用します。

自動車のフレームは外観からはほとんど見る事ができませんが、車の基礎となる大切な部分です。

当社では、車両寸法図と照らし合わせながら現車の各部を測定し、破損以前の状態へ修復していきます。


スタッド溶接機

裏側など、手の入らない部位を修正する際に使用します。

電流を流して破損部にチップを塗装して引き出し、ヘコミの程度に合わせ、じっくり引き出していきます。

また、へこんで伸びてしまった鉄板に熱を加えて縮めることも可能です。


水冷スポット溶接機

溶接して取り付けてあるパネル(フレームやクオーターパネルなど)を交換する修理の際に使用します。

美杉板金では、新車の組み立て工程で使用するレベルのスポット溶接機を導入し、新車レベルでの高い修復技術と補修後の安全性を確保しています。

スポット溶接とは、2枚から3枚の鋼板を、数百キロの加圧力でプレスした瞬間に、大電流を一定期間流して鋼板材料を溶かし接合させる溶接方法です。



あて板・ハンマー各種

基本的に裏側に手の入る部分は、あて板とハンマーを使って歪んだパネルをたたいて元の状態に治していきます。

一番シンプルな方法ですが、綺麗に修復するには熟練の技が必要です。ヘコミの程度によって様々なあて板とハンマーを使い分けて治していきます。


今すぐお問合せ
現場から最新レポート!

ページトップへ